OTHERS
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- - -
雨だって雲の上へ飛び出せばAlways blue sky
みなさんおはこんばんちわ!今宇多田のピアノメドレー聴いて大絶賛涙腺崩壊中の朝美です。この勢いで書きかけだったライブのレポ書いちゃおうと思って、書きます。勢いって大事!

12月8日・9日と宇多田ヒカルWILD LIFEに行ってきました!8日には映画館でのライブビューイング、そして9日には現地横浜アリーナ行ってきました。


本当に、本当に奇跡的に9日のチケットが当たりました!

8日はライブビューイングもあったしUStreamでの生中継もあったし9日は最後だしでもうちょう最高です。前も言ったかもだけど立ち見だと確立上がるかと思って第2希望立ち見にしてほんまよかった。あの時の私の判断は間違ってなかった。

これ開演前!なんでか分からんがカメラでの撮影はNGで携帯はおkやった。なんでやw立ち見席めっちゃよう見えるやろ!どや!スタンドより近くて嬉しかった!指定席とれるよかよかったかも。

開演前に私場所取り、お友達がグッズで、行って買ってきてくれました!

くまちゃんTシャツちょう可愛いわふわふ(´(ェ)`*)Tシャツもバングルも普段使いする気まんまんだし。

もう8日の時点で明日この場に行けるんだって思ってていっぱいいっぱいだったけど、もう始まった瞬間どうすればいいのか分かんなかった。
なんか、もう、とにかく楽しかった。本当楽しかった。今まで行ったライブの中で一番楽しかった。嬉しくて泣くなんて多分人生で初めてだったと思う。
今まで10年以上、何千回、何万回と宇多田の歌を聞いてきたと思うけど、そのうちの1回を生で聞けるんだと思うと本当になんにも言えなかったです。


今でも覚えてるけど、宇多田のアルバムを買ったのが2000年のお正月で、本当は雑誌に載ってたアイドルのCDを買いに行こうかと思ってたけど親にそれ恥ずかしくて言えなくて、たまたまテレビで見て流行ってるって知ってた宇多田のCDを買うっていう名目でCD屋さんに行きました。そのアイドルグループはけっこうマイナーだからCDおいてなくって、でもお母さんがほら宇多田ここにあるよ、って言ってたから、まあいいや、って思って買いました。でもテレビで見たときに特集してたのがMovin' on Without Youで、子供ながらに「いいオンナ演じるのはまだ早すぎるかな」って歌詞に共感っていうか、衝撃を受けたんだよね。それからずっと大好きで、小学校の3年かそれくらいにクリスマスプレゼントかなんかにCDプレイヤー買ってもらったら、宿題しながらAddicted to Youとか熱唱してたよ(笑)それでうるさいって怒られたりもしたなあ。
中学生くらいから歌詞の本当の意味に気付くようになったかな。小学生のときも分かってたつもりだったんだけど、成長するにつれてやっぱりいろんなことを知ってくものだし、それにつれて分かることも多くなってくよね。だからだと思う。中学生になっていっぱい他にも音楽聞くようになったけど、本当にずっと好きだったなあ。
っていうのをライブ中思い出しちゃって、本当いっぱいいっぱいだった。今まで楽しいことも嬉しいことも、それを上回るぐらいの悲しいことも辛いこともあったけど、ずっと大好きで聞いてきたのは宇多田だったなあ。さっき成長するにつれていろいろ分かるようになってきたけど、それとは逆に、昔は分かって、今は分かんなくなったことだってもちろんあると思う。これからも、今は分かっててもこの先分かんなくなることだってあると思う。でも、今は分かんないことがこの先分かることもあると思う。そういうときでも、ずっと宇多田の歌は聴き続けてるんだと思う。

この記事のタイトルの「雨だって雲の上へ飛び出せばAlways blue sky」はFirst Loveからの曲で、ライブの一番最後に歌ってくれて本当嬉しかったんだけど、私の一番大好きな曲のtime will tellっていう曲の歌詞の一部です。この曲に、この歌詞に今まで何回助けられてきたか分かんないし、これから助けられることだっていっぱい、数えきれないほどあるんだろうなあ。

今までいろんなこと書いてきたけど、言葉にすると陳腐になっちゃうのが本当に残念。言葉って不便です。これも文章にするとすごくクサくなっちゃうけど、今まで宇多田の歌と一緒に生きてきたし、これからもそうだと思う。ありきたりだけど、宇多田ヒカルという人が私が生きてるときに生きててくれて、歌手になってくれて、そして私も本当に偶然ではあるけど、彼女の曲を聴けて、CDを手にできて、本当によかった。宇多田ヒカルというアーティストに出会えて本当に、本当に幸せです。ありがとう。


Title : t/i/m/e w/i/l/l t/e/l/l by 宇/多/田/ヒカ/ル
DIARY comments(0) trackbacks(0)
スポンサーサイト
- - -
Comment








Trackback
この記事のトラックバックURL: http://takemewithyou.jugem.jp/trackback/223
<< NEW | TOP | OLD>>